ケンブリッジでの生活
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンブリッジとお別れ。。。
2007年08月29日 (水) | 編集 |
ついに明日、イギリスを出発することになりました。

昨日は、このバタバタの中、やはり最後に仲良しのブラジルの子から誘われ
最後のランチをしてきました。
そして、彼女からは可愛いプレゼントを
「これを見た時、私を思い出して!!」と。。。
DSC04509.jpg

あ~、なんか本当にジーっンときてしまいました。

そして、今日は引越業者が荷物を引き取りにくるので、昨夜から徹夜で荷物詰めです。
まもなくインターネットも使えなくなるので、これで最後のブログとなります。。。


「Madam in Cambridge」というタイトルで始めたこのブログ・・・

イギリスで1年過ごした後、かなりマダムっぽくなるはずでしたが
結局、書く内容もマダムとはかけ離れ、コメントもAによる毒舌がたびたび入り・・・

でも、日本にいる友達や親にも、こんな形で、こちらの様子を伝えることができて、
そして、自分の想い出としても、このブログを書いて良かったな~と思っています。


ケンブリッジの生活。。。
本当に自然が美しい街でした
ここで目にする大木のグリーンも大好きでしたし、いつも空を見ていた気がします!!

DSC04086.jpg



これで、このブログを書くのも最後となると寂しくなりますが・・・
長い間見て下さっていた皆さん,どうもありがとうございました
スポンサーサイト
あと1週間!!
2007年08月23日 (木) | 編集 |
ケンブリッジの生活も、残り1週間となってしまいました。
来週の木曜の夜には、イギリスを出発します!!

今、夫は毎週木曜に行われているクラスメイトとのパブナイトに最後の参加!!
最後のクラスメイトとの時間を満喫していることでしょう。。。

そして、私も最後の「1人パブナイト」
こっちにきてから、結局毎日ビールとワインを飲んでしまったような
そして、私のワインのお供は、いつもコレ!! (お見せするようなものではないけどえへへ・・・
DSC03430.jpg

シリアルのトッピング用などに売れれている普通のカボチャの種をオーブンで
焦げるギリギリ前まで焼くのです!! (この加減、けっこう難しい
すると、種がプクーっと膨れて、これがイイおつまみに

カボチャの種をつまみ~???
って、ちょっと野蛮人っぽいかな・・・

でも、このカボチャの種、バカにはできないのですよ!!
ビタミン、ミネラル豊富で、その上、貧血、低血圧、コレステロールや中性脂肪の低下、
疲労回復、老化防止、若返り、視力の維持など・・・
特に女性にとっては嬉しい効果ばかり!!

といういいわけで、ワインと同様、このパンプキン種も必需品!!
夫からも「ワインとコレだけは、欠かさんね~」と言われてました。


で、最近はというと、引越しの準備に追われています!

そして、広告を作って売りに出した物も、順調に売れています!!
テレビ、レンジ、炊飯器、自転車のようなものだけではなく
日本じゃありえないけど、BRITAというポット式の浄水器や、包丁、まな板、フライパン、
ナイフやフォーク、そしてレインコートまで・・・
もちろん、そういったもののお値段はワンコイン程度ですが、
日本だったら買う人なんていないのでは。。。

今まで買ってくれた方たちは、アメリカ人、ドイツ人、フランス人、タイ人、ブラジル人など・・・
つくづく、ここケンブリッジは、いろんな国の人が来ているのだな~と思いました。

なので、ある程度英語しゃべれて当然!!って感じで。。
今まで、何度ヨーロッパ系の人たちに道を尋ねられたことか・・・う~ん

どう見ても、私、英語しゃべれそうにないでしょ~と思うのですが。。。

もし、アジア系の国に旅行して、道がわからなくなった時・・・
やっぱりアジア系の顔の人に尋ねると思いませ~ん??

でも、ヨーロッパ系の人たち、このアジアン・アジアンした私に聞いてくるから不思議??




お別れ・・・
2007年08月17日 (金) | 編集 |
今日は、語学学校で知り合った友達と、最後のお別れ。。。

いつも書いていますが、私が通った語学学校は、入れ替わりが激しく
長く通う生徒の方が珍しいといった感じです!!
仲良くなった子も沢山いますが、ほとんど自分の国に帰ってしまっています。
そして、唯一残っているのがブラジルとロシアの子。
学校を離れた後も、この2人とは、たびたびメールでやりとりをしており
ぜんぜん文化も違う彼女たちと、こんなに仲良くなれたことは、一番の喜びです!

ロシアの子は、私よりも、ちょっとお姉さん!!
学校にいる時から、精神的にいろいろ助けてくれました。
もちろん、今まで過ごしてきた環境も現在の状況もかなり違います。
でも、彼女といると安心でき、いつも救われた気分になります。

ブラジルの子は、私よりも一回り下!!
パーティー好きで、美人な上に、性格もとってもイイ子!!
彼女は、何にでも私を誘ってくれ、私が「行けない!」と言うと、子供のように
「なんで~~、私の一番の友達でしょ~」と甘えてきてました。
その甘えに、何度付き合ってしまったことか・・・
でも、彼女のおかげで楽しめた事も沢山!!

今日は、この2人と、私と入れ替わりのように学校に通い始めた日本人の女の子、
そして、彼女の2人の子供ちゃん達たちと、DOJOという何回か行ったヌードルレストランへ

ロシアの子は、初めて「お箸」を!!
もちろん、頼めば、フォークも貸してもらえますが、彼女にとっては、
お箸を使ってみるのが、楽しいようで・・・
ヌードルの他には、餃子や揚げ春巻きも頼みましたが、この春巻きを掴むのは
日本人にとっても、ちょっと難しい・・・
それでも、頑張って、お箸で食べてました。
食べるのに時間がかかり、私の半分ぐらいしか食べてないかも・・・

日本食が大好きなブラジルの子には、日本から沢山持ってきていた割り箸を置き土産に!!
彼女、いつもオリエンタルフードで、わざわざ買っているらしく(高いですよ!)
たかが割り箸ですが、すごく喜んでくれました。
あと、残っていたかつお節やワサビ、とりあえず買ってきたオニギリ用の型なども
喜んでもらってくれました。

その後、パブへ。。
ロシアの子とは、抱き合って、涙しながらお別れしましたが、
ブラジルの子は相変わらず、それでは納得せず・・・
「引越しの準備で忙しいなら、手伝うから・・・」と。。。
そして、また来週会おう!!と。。。

う~ん、またしても美しい彼女のワガママに付きあってしまうかも・・
でも、そんなに言ってもらえると、やっぱり嬉しいキュン


エディンバラへ
2007年08月16日 (木) | 編集 |
スコットランドの首都「エディンバラ」へ1泊旅行に行ってきました。
我が家に一番近いスタンステッド空港からエディンバラまでは飛行機で約1時間15分ほど。

我が家には車がないため、結局この1年の間、イギリス内の近場旅行には全く行っておらず
どうせ飛行機を使うぐらいなら、他の国に行ってみた方が・・・となってしまい。。。

でも、せっかくイギリスに住んでいるのに、みんなが「いいよ~!!」という
エディンバラに行かないまま、帰国するのも、もったいない!!

と急遽、行く事に決定!!
いつもごとく格安航空チケットeasyJetを利用しましたが、予約したのが遅かったために
お値段の方はグ~ンと上がってしまってました  それでも日本から行く事を思えば


1日目

いつもごとく朝早い出発!!
そして、エディンバラの空港に着いたのが朝9時半ごろでした。
残念なことに雨も降っており、寒い 

それから、バスに乗り30分弱で市内に。。。
バスの中から見えてきました! 街を見下ろすように建っているエディンバラ城!
DSC04124.jpg


そして、バスを降りた後、早速行ってみました。
DSC04135.jpg

エディンバラ城は何度も戦いの舞台となり、そのたびに再建と増改築が繰り返されてきた
という歴史を持っているらしく、メルヘンチックなお城とは違い
ちょっと重~い感じのところでした。。。

外壁からは大砲が顔を出し、門も鉄の扉と鋭い剣みたいなものと2重になっています。
DSC04138.jpg  DSC04145.jpg  DSC04159.jpg

ここから、街を見下ろすことができました。
DSC04163.jpg


エディンバラへ行く事を決めた後に知ったのですが、ちょうど今の時期に
エディンバラでは国際フェスティバルが行われています。
50年以上の歴史があり、世界でも有名な芸術祭で、期間中は世界の一流アーティストによるオペラや演劇、コンサート、ダンスなどが催され、特に「ミリタリー・タトゥー」と呼ばれる
エディンバラ城前の広場で行われる音楽パフォーマンスは、とても人気があるらしいのです。
行く前に、インターネットでチケットを購入しようとしましたが、売り切れ!!
当日券が残っているかな?とタトゥー・オフィスという所に行ってみましたが、
そこでも、売り切れ!! (そう言われると、行ってみたかった~と思ってしまう
これは広場のところにあった大きな看板!! (イメージこんな感じのようです)
DSC04132.jpg


お城を見終わった後は、すぐ近くにある「スコッチウィスキー・ヘリテージセンター」へ
DSC04179.jpg

ここで、ツアーに参加しました。
まずは、ウィスキーグラスに入った1杯のスコッチウィスキーを1人ずつ渡され、
まずは、そのウィスキーの色を見、そして、次に光りにかざし・・・
などと、ウィスキーを味わう楽しみ方の秘訣を教えてくれます。
自分が飲んだウィスキーグラスは、親切に箱も配られ、お持ち帰り!!
その後、300年以上にわたるスコッチウィスキーの歴史やブレンドの秘密などの説明、タルの椅子にのって、タイムスリップするような、ちょっとしたアトラクションなようなものもありました。
また、館内にはスコットランド各地から集められた沢山のボトルが並べれており
もちろん、購入できます!!

そこを出た後は、エディンバラ観光のハイライトであるロイヤル・マイルを下り
聖ジャイルズ大聖堂へ  
DSC04212.jpg 
その後、ブラブラしてみましたが、やたらと目立つスコットランドの民族衣装ショップ!!
DSC04133.jpg

そう、あのなつかしの「キャンディ・キャンディ」でアンソニーが来ていた
タータンチェックのスカート!?
スコットランドでは、結婚式などや正式な場では、今でも着用しているようで
こういったお店が沢山あります。
もちろん、街の中で着ている人もチラホラと見かけ、こんな感じのおじさん
スカートをはき、ゴッついひざをだしてハイソックスを履いている様子は、ちょっと異様

この日は、雨も降っていたので、ホテル近くのイタリアンレストランに行き、早めに就寝
それにしても、寒くて寒くて
ホテルではヒーターを一番高い温度に設定し、やっと温もることができました。



2日目

ラッキーなことに、朝からイイお天気 
前日に比べると、かなり暖かく感じました。

まず向かった先は、ホテル近くのカールトン・ヒル!!
この丘はエディンバラの全景を眺めるにはうってつけの場所です。
ちょっと、急な坂を登り、見えてきました丘の頂上・・・
DSC04282.jpg

そして、丘の上にはいくつかのモニュメントが建てられています。
その中でも有名なナショナル・モニュメント!!
DSC04255.jpg

エディンバラは、北のアテネともいわれているらしく、これはアテネのパルテノン神殿を模して
建てられたらしいのですが、建設予算が途中で尽きてしまい中止!!
現在も未完成のままです!

そして、ここから見えるエディンバラの街はとても素晴らしかったです。
(さすが、世界遺産にも登録されている街
DSC04275.jpg


丘の上で座りこみ、暫く夫とボーっと過ごした後は、ホリルードハウス宮殿へ
DSC04292.jpg

この宮殿は英国王室の宮殿として現在も利用されているらしく、王室がスコットランドを
訪問する際には、ここに滞在しているらしい。
宮殿内は撮影禁止で写真をアップできませんが、豪華な装飾を見ることができました。
庭園の方も、とても綺麗でした
DSC04307.jpg


その後は、ロイヤル・マイルを通り、、それからニュータウンの方へ
DSC04326.jpg


エディンバラは、歴史的建造物が集まったオールドタウンと、18世紀以降に造られた
ニュータウンとがあります。
このコントラストが、素晴らしいとか・・・

ニュータウンから見えるオールドタウンの様子は、こんな感じです。。。
DSC04353.jpg


街中では、バグパイプを吹いている人もかなり見かけます。
ここでは、私が見た中で、一番のイケメンを!!
DSC04341.jpg


お昼はガイドブックにも登場する「マッスル・イン」という、その名の通りムール貝専門店へ! 
ムール貝だけではなく、カキやホタテもあったのですが、生ガキを食べる勇気はなく・・
結局、またしても、ポット一杯に入ったムール貝を注文!!
その他に、小さなホタテとムール貝のトマトソース。
そしてクラムチャウダーではなく、サーモンチャウダーは、とっても美味しかったです!
DSC04333.jpg   DSC04331.jpg

旅行のたびに食べているポット一杯に入ったムール貝。
日本では、まず、こんなに沢山のムール貝を食べることなんてないだろうと
食べ収めです!!niya

その後、飛行機までの時間があったので、またオールドタウンの方へ戻りブラブラ。。
それにしても、フェスティバルの期間中のせいか、すごい人!!
そして、パフォーマンスをしている人たちも、かなりいました。
バグパイプとは違ったイギリスっぽいものや、こんなパフォーマンスまで、さまざま!!
DSC04366.jpg   DSC04370.jpg

DSC04215.jpg   DSC04382.jpg


あ~、これで、旅行も最後かな・・・

バイバイ炊飯器!!
2007年08月12日 (日) | 編集 |
帰国間近となり、こっちで使っていた電化製品なども処分しなくてはなりません。
この時期、新学期のスタート前ということもあって、入れ替わり(引越し)が多く、
引っ越していく人は今まで使っていた電化製品・家具・自転車・食器などを売ろうと
自ら広告を作り、フラットの掲示板などに張っています。
我が家も日本では使えない電化製品などを売るために広告を作り張り出しました。

そして、今日売れたのが、日本で購入し持ってきた英国仕様炊飯器!!
炊飯器はこちらでも売っていますが、やはり日本製と比べると・・・
(1年間過ごすぐらいなら、もちろん十分とは思いますが・・・)
でも、圧釜、炊き分け機能、タイマーなどが付いた炊飯器をこっちで購入すれば、
かなりの高額になると思います。

性格上、とても綺麗に使っていたし、日本人のどなたかに購入していただければ嬉しいな~
なんて思っていましたが、今回買ってくれたのはシカゴから来た女性!!
う~ん??? この良さ、わかってもらえるるかな?

引き渡す前に、余っていたお米を炊き、冷凍庫へ・・・

そして、まだ海苔も余っていたので、最後に海老・アボカドなどの巻き寿司を!!

今日は、ほとんど夫が巻いてくれました
DSC04111.jpg


日本に帰ったら、まず自分で細巻なんて作ることはないだろ~
ましてや、夫が手伝ってくれることなんて・・・

こんな、ちょっとオママゴトっぽい生活も終わりに近づくと思うと寂しいな・・・



引越しダンボール!!
2007年08月06日 (月) | 編集 |
あ~、きてしまった引越しのためのダンボール30個!!

思い起こせば、去年の8月30日に日本から28個のダンボールが届き
この荷物をいったい何処に収納しよう・・・と悩まされたものです。。。
結局、1度もダンボールから出さなかった物も沢山。。。
そして、収納が足りないために、いまだにダンボールから出し入れしている洋服も。。
せっかく住んでいるフラットは新しくて綺麗というのに、部屋のあちこちある
ダンボールのせいで、ぜ~んぜんオシャレな部屋って感じにもならず・・・
そして、今回きたダンボール!! 
いったい我が家には何個のダンボールがあるのだろう??

とりあえず、多めに30個のダンボールを持ってきてもらったけれど、
全部使ったら、またしても怖ろしい値段がかかってしまう。
でも、何人かの日本人の方から、
「イギリスから日本に送る方が、日本から送るよりも、はるかに高いよ~!!」
って聞いていましたが、我が家ぐらいの大きな引越しになると、
あまり大きな差はないみたい。(料金表によると・・・)

引越しはイギリスにきた時と同じ業者のロンドン支店にお願いしたけれど、
海外だからって、高めの料金設定にしているふうでもないし、良かった~

でも、ちょっとだけ違ったことが・・・

最近、ポルノ関連、違法コピーや海賊版など日本への輸入禁止商品が貨物から度々
発見されているらしく、日本税関は荷物の内容点検を細かく実施することになったらしい。
そのため、ビデオテープ、DVD、CD-ROMなどについては「タイトルリスト」に
その内容を書き出してください。
  とのこと。。。 

我が家には日本から持ってきたDVD以外に、こっちで買って何回、いや何十回も見ている
夫の大好きな「24」と 私の大好きな「Friends」のDVDもある!!
DSC01709.jpg


この「24」の内容・・・
詳しくリストに書いたら、違った意味でアヤシイDVDと思われたりして。。。
8月になってしまいました!!
2007年08月02日 (木) | 編集 |
あっという間に8月!! ケンブリッジの生活も1ヶ月を切りました。

先週は、フラットを出る前の1ヶ月前検査みたいなものがあり、
「ここをもっと、綺麗にするように!!」とか・・・
何らかの退去前事前指導!?みたいなものがあるという事だったので
とりあえず、夫と2人でできる限り磨いておきました。
一応、チェックリストがあり、それに従ってやればいいのですが、ガンコなのが石灰!!
こっちの水は石灰が多く含まれており、蛇口のまわりや排水溝のまわりには
どうしても石灰が付き、固まってしまいます。
チェックリストにも石灰を取るようにと、しつこいぐらいに書いてあります。
あと、電熱器のまわりも、火力が強いせいか、すぐに汚れてしまい、これが、また一苦労。。。

でも、きちんと磨いておけば、敷金(家賃の2ヶ月分)が、丸々戻ってくることも・・・
こちらの家賃かなり高いので、もちろん、それは頑張って取り戻したいっ!!

結局、事前チェックは、思っていたよりも厳しくはなく、磨いていたせいか
「ここも、綺麗ね~!  ここもパーフェクトだわ~!」って感じで終わりました。

最終的には、どのくらい厳しくチェックされるかわかりませんが、
日本人は、かなり綺麗に使ってる方だと思うけどな~


イチゴ狩りに行ったけど・・・
2007年07月27日 (金) | 編集 |
最近、ケンブリッジに在住の方のブログを覗いてみると、
イチゴ狩りに行かれている方が多いようで・・・

ならば、我が家も行ってみようという事になり・・・

でも、我が家の行動はいつも遅く、着いたのは3時!!

早速、果実園の方に行ってみると、リンゴや洋ナシも・・・
DSC03991.jpg   DSC03993.jpg


でも、イチゴ狩りをしているような人は誰もおらず・・・

果実園にいた1人の男性に、「イチゴ狩りに来たのだけど・・・」と言うと

「来るの遅いよ!! 7時半に来なきゃ!!」と。。。

土日はやっておらず、平日は7時半から4時まで。本日金曜は3時までだったらしい・・・

最初、時期が終わったのかな? と思ったけれど、まだまだありました!
DSC03994.jpg


結局、今日は、そこにあるショップで果物や野菜などを買って帰りました。

前から、スーパーでも見かけていた、巨大椎茸を買ってみました!!
直径は、爪楊枝の倍!!
DSC03998.jpg


今日は、これをステーキ風にしてみました。
オリーブ油にニンニクを加え、塩・コショーした巨大椎茸を焼き、
バターと赤ワインを加え、イイ感じになったら取り出し、
そのままのフライパンに生クリームを加え、ソースを作って・・・
分量などは、イイカゲンですが、なかなか美味しかったですよ

オランダ&ベルギー旅行 (ベルギー編) 
2007年07月25日 (水) | 編集 |
2日目の夜

オランダのアムステルダムからベルギーのブリュッセルまで、列車で2時間40分!!

午後7時半頃にブリュッセル南駅へ到着し、ホテルまでタクシーで

ホテルは街の中心にある、レストラン街にもとても近い所を予約していたので
チェックインをした後、夕食のために早速出かけました!
ブリュッセルの胃袋といわれるほど、レストランが密集しているイロ・サクレ地区です!
DSC03674.jpg   DSC03853.jpg

レストランの前には沢山の魚介類が並べられており、どの店に入るか決めるのが難しい~

とりあえず、「La Cotelette」というレストランに入ることに・・・

ベルギーといえば、やはりビール!!
何千という種類を誇るビール王国とあって、レストランでも、どのビールを頼んでいいやら

まずは、飲んだことのない、チェリーとストロベリーのビールを頼んでみました。
どちらもフルーティで甘く、美味しかったです
その後、夫は人気のホワイトビール、ヒューガルテン(爽やかで口でスーッと消える感じ)を
私はグーズ(苦さがなく、ビールの美味しさだけが残った感じで飲みやすい)を!!
どれも美味しく、ビールのイメージが変わりました。

食事の方は、クリームとガーリックソースのムール貝、ロブスター入りパエリアを!!
どちらも美味しかったのですが、量がとても多かったです。
でも、しっかりデザートまで
DSC03676.jpg   DSC03682.jpg

DSC03683.jpg   DSC03685.jpg


ベルギーといえば、チョコレートでも有名
チョコレートショップも、かなり見かけます!
チョコレートの噴水を置いてあるお店も多く、「味見どうぞ~!!」っと
ビスケットを渡してくれます。  もちろん頂きました!!
DSC03686.jpg


そして、夜11時というのに、近くのグラン・プラスという広場が何やら賑やかに!!
行ってみると、ちょうど光りのショーがあっており、華麗な建物がライトアップされ
とても綺麗でした!!  (ナイス・タイミングでした!
DSC03693.jpg   DSC03700.jpg




3日目

ブリュッセル中央駅から列車で1時間のブルージュという街に行ってみました。
この街は運河が市のぐるりを囲み、水の都といったイメージらしく
ベルギーの人気スポットの1つだとか・・・
DSC03739.jpg

馬車に乗って観光している人も沢山見かけました!!
DSC03759.jpg   DSC03782.jpg

街並みを描いている方の姿も。(下絵を描かずに、こんなステキな絵を!! スゴイっ
DSC03804.jpg


可愛いお店も・・・
小さい小さい、マッチ箱に入ったのもある こんな玩具!! 大好きです
DSC03755.jpg

木の玩具もスゴク可愛いし、そして、ここはレースも有名なようで沢山のお店がありました。
DSC03752.jpg   DSC03777.jpg


もちろん、この街にもチョコレートショップが沢山あります!
カモの可愛いらしいものから、こんな感じのものまで
DSC03775.jpg   DSC03778.jpg


そして、ベルギーといえばワッフル
ワッフルは2種類あり、甘くドッシリした感じのリエージュタイプというものと
卵白が入っていて、柔らかくサクサクした軽い感じのブリュッセルタイプ!!
ここでは、後者の方を食べてみました! 
イチゴ、生クリーム、アイスがのっていますが、見た目よりも軽く、おいし~ 
まだ、食べ足りない感じでしたえへへ・・・
DSC03796.jpg


 
その後、また列車に乗り、ブリュッセルへと戻りました。

夕方近くになってしまい、観光する時間もなくなってきた私たち。。。
まず、向かった先は「ビール博物館」。
閉店時間に近かったせいか、入場者は私達だけ!! 
っていうか、かなり期待外れでした!  来たの失敗っと思いましたが
出ようとした時に、ビールを1杯頂き、ちょっと
DSC03806.jpg   DSC03817.jpg


これは、フランスから国を守った英雄「セルクラースの像」!!
横たわった像をなでると幸せになれるブリュッセルに戻ってこれるなどと
いわれているらしい。
なので、もちろん、ナデナデしてきました!!DSC03828.jpg


そして、有名な「小便小僧」!!
年齢は600歳以上とかで、像にまつわる物語も多いらしい・・・
祭りで迷子になり、像の格好でみつけられた
フランス軍を放尿で追い払って英雄になった
魔女の家におしっこをかけて石にされた       

衣装も600着以上持っており、取っかえ引っかえしているらしいのですが
この日は何も着ておりませんでした。
DSC03837.jpg    DSC03836.jpg


小便小僧のお土産も沢山売られています!!
DSC03725.jpg


そして、これは女の子版の「ジャンネケ・ピス像」。
1987年に、ガン。エイズ撲滅運動を目的として登場したらしいのですが・・・
小さな通りの行き止まりになった所にあり、見にくる人もほとんどいない。。。
だって、妙にリアルで、その上、愛嬌もないんだもん・・

彼女、小便小僧とは違い、サクの中ですう~ん
DSC03851.jpg   DSC03852.jpg



そして、夕食は「Kelderke」というグラン・プラスにあるレストランで
CHIMAYというビールも、こちらでは結構飲まれているようで、美味しかったです。
北海産の小エビのオードブル、ほうれん草などのハーブのソースで食べるウナギ、
そして、ビーフのビール煮を食べてみましたが、このビール煮は美味しかったですよ
ウナギも美味しかったけど、やっぱり普通に食べたいかな・・・
DSC03856.jpg   DSC03857.jpg

DSC03861.jpg   DSC03859.jpg


そして帰りに、またしても屋台でワッフル!!
こちらは、ドッシリ重めの方で、それにバナナ、イチゴ、生クリーム、チョコ
これも、美味しかったけど、お昼に食べた方が好きだったな。。。
DSC03864.jpg




4日目

最終日!?は、アントワープという街へ。
ブリュッセルから急行列車で40分ということだったのですが、
確かめもせず普通列車に乗ってしまい、その上、違う駅で降りてしまい、外は大雨

時間はかかりましたが、やっと目的地へと到着しました!

このアントワープ中央駅はヨーロッパの典型的な駅のスタイルで、エントランスホールは
高い天井にステンドグラスのような窓があり、壮大な感じです。
DSC03877.jpg


そして、ここアントワープは、名作「フランダースの犬」で有名な街!!
ここにある「ノートルダム大聖堂」で最後を迎えたネロとパトラッシュ。。
DSC03930.jpg   DSC03888.jpg

DSC03908.jpg   DSC03919.jpg


そして、ここにはネロが憧れていた画家ルーベンスの作品が飾られています。
これは、ネロが見たかった作品「キリストの降架」。
DSC03921.jpg



この後、カフェで休憩した私たちは、ブリュッセルへと戻り、空港へ向かったのですが・・・


なんと、私たちが乗るはずだった夜10時発の飛行機は、突然キャンセルに

それも、出発ギリギリになってのアナウンス!!
その後の便はナシ!! そして、次の日も全て満席・・・  早くて2日後の夕方!
もしくは、次の日、一番近いドイツの空港まで行き、そこから帰るか・・・

これが、格安チケットのデメリットでしょうね~。

このキャンセルによってかかった交通費、宿泊日、食費まで、ライアンエアーという
格安チケットを扱っている航空会社が負担してくれるらしいということですが、
本当かな・・・?

結局、この日はブリュッセルで滞在していたホテルに戻ることに・・・

ライアンエアーが利用する空港は街からスゴク離れた場所にあり、交通手段もないので
タクシーで2万円以上かけて戻りましたが、果たして、このお金、出るのだろ~か!?



5日目

予定外の5日目を迎えることとなりました。。。

2日前に「セルクラースの像」をナデナデした私たち・・・
確かに言われ通り、ブリュッセルに戻ってこられました
でも、こんな実現じゃなく、「幸せになれる」の方を叶えてほしかったよ~!

昨日は早く帰るために、ドイツ行きの飛行機を予約して空港を去ったのだすが
冷静に考えれば、ユーロスターで帰った方が、時間的にもかなりラク!!
で、ドイツ行きをキャンセルすることに。。。

最後に余ったブリュッセルでの時間は、グラン・プラスでゆっくり過ごすことに・・・
バタバタした旅行計画で、ゆっくり見ていませんでしたが、
この広場はスペインの女王などが最も美しいと賞賛した場所!!
ボーっと広場に座りこみ、ここに立ち並ぶ建物をみると、鳥肌が立つほど素晴らしいでは
DSC03980.jpg

DSC03962.jpg

建物にある、素晴らしい彫刻の数々。。 見れば見るほど、そのスゴサが!!
DSC03970.jpg  

この広場の美しさを再度味わい、最後にアイスを食べ、駅へと向かいました。
DSC03981.jpg


 
今回の旅も満喫でき、とても楽しかったけれど、
飛行機キャンセル事件があったために、予算の倍かかりました。。。

本当に、その分、戻ってくるのか 不安だな~ !?

オランダ&ベルギー旅行 (オランダ編) 
2007年07月22日 (日) | 編集 |
オランダ&ベルギーへ行ってきました!

今回の旅行は3泊の予定でしたが・・・
帰りの飛行機が急にキャンセルとなり、4泊することになってしまいました!


1日目

今回も、格安航空チケットを利用して行ったので、出発は朝3時すぎ!
朝7時の飛行機に乗り、オランダまで約1時間ですが、時差があるので到着は9時過ぎ。
それから電車に乗り、約15分でアムステルダム中央駅に到着しました。
この駅は、東京駅のモデルにもなったそうです!
DSC03448.jpg

駅の前は、沢山のトラム(路面電車)が走っています!
P1000854.jpg


まずはホテルに行き荷物を預け、最初に向かったのはザーンセ・スカンスという風車の街。
アムステルダムの北にあるこの街までは、列車で約20分です。
駅から暫く歩くと大きな川があり、そこから風車が見えてきました!!
DSC03465.jpg


そして橋を渡ると、美しい小さな村が・・・
DSC03468.jpg

P1000965.jpg   P1000912.jpg


ヤギなどもいますが、こんな接近、私にはムリだな・・・
P1000958.jpg DSC03492.jpg


そして、チーズ工場や、木靴工場もあり・・・
P1000951.jpg   P1000934.jpg

沢山の木靴が売られています!       飾られていた大きな木靴で、記念に!!
DSC03481.jpg   DSC03485.jpg


風車の街を満喫した後、列車に乗り、アムステルダムに戻りました。

その後、ヴァン・ゴッホ美術館へ
DSC03511.jpg

37歳で亡くなったゴッホは、わずか10年間の画家人生で1800点余りの
作品(油彩、水彩画、素描)を製作!
病に苦しみ自らの命を絶った後、彼の作品は世の人々を魅了し始めたらしいのです。
そして、ゴッホは日本美術の影響もかなり受けたらしく、ゴッホの集めた浮世絵、
そして模写も展示されていました。

それから、クルージング!!
オランダは国土の3割が海面より低いために、運河を張り巡らすことによって
余分な水を汲み出しているらしいのです。
そして、その運河には沢山のガラス屋根になったクルーザーが見られました。
DSC03515.jpg

私たちも乗ってみることに・・・               (マヘレの跳ね橋)
DSC03517.jpg   P1010025.jpg
 
          
そして、本日最後の観光は「アンネ・フランクの家」。

入場制限があり、いつも長蛇の列ができているらしく、私たちが行ったのも
午後7時近くだったにもかかわらず、30分ほど並ばなくてはいけませんでした。
DSC03544.jpg   DSC03537.jpg


遠い昔に読んだアンネの日記・・・
ナチスによるユダヤ人迫害の犠牲となったアンネ・フランク。
一家は父親が経営していた会社の屋根裏に2年間隠れ住み、
ついには発見され収容所へ送られてしまいました。

ほとんど本など読まない私ですが、この本だけは真剣に読んだ覚えがあります。

屋根裏へ続く階段を隠した回転式の本箱、アンネが壁に貼った写真など
生々しく残っており、胸をつかれました。

ちょっと気持ちが重~くなりましたが、とりあえず夕食を!
と、レストランを探したのですが、なぜか普通のレストランが見つからず・・・
目に入るのは「Coffee Shop」と書かれた窓が黒く塗りつぶされたり、店内が薄暗い
ちょっと怪しいお店ばかり・・・
P1000866.jpg


ところで、この「コーヒーショップ」とは、「ソフトドラッグ販売店」!!
コーヒーなどを飲むところではなく,マリファナなどのソフトドラッグを吸うための喫茶店です。

オランダは自由と自己責任の国!!
麻薬は認められていないらしいのですが、ソフトドラッグであればOK!!
タバコやアルコールより中毒性が低いとされるソフトドラッグを許容することで、
ヘロインやコカインなどのハードドラッグを防ぐ意図があるとか・・・
(ソフトドラッグとはいえ、ドラッグ やはり危険だと思うけど・・・

結局、パブっぽいお店で夕食をとり、ホテルへ戻りました。

ほとんど徹夜状態で旅に出た私たち・・・
初日から余裕なしの観光をしてしまい、ちょっと頑張り過ぎました



2日目

この日は、チーズ市に行ってみました!
チーズ市は数箇所の街で、週に1回午前中に行われているようなのですが
本日水曜に行われていたのは、アムステルダムからバスで40分ほどかかる
「エダム」という街のみでした。

午後にはベルギーに向かうので、行こうかどうか悩みましたが、
行って良かった~っと思える街でした。

エダムに向かうバスの中から見える風景!
平野で遠くまで見渡すことができ、空もとても広く感じました。
DSC03641.jpg


とても美しい街で、可愛いお家が立ち並び、またガーデニングの素晴らしいこと
DSC03559.jpg

DSC03626.jpg   DSC03637.jpg


街では馬車を見かけたり、船でチーズを運んでる様子を見たり・・・
DSC03603.jpg   DSC03605.jpg


そして、チーズ市の様子がこちら・・・
DSC03577.jpg   DSC03601.jpg

子供たちがチーズを運ぶ姿も、とてもカワイらしかったです
DSC03598.jpg


チーズは試食しましたが、とても美味しかったです。
買って帰りたかったのですが、次のベルギー行きがあるので断念

出店が出ており、他にもこんなものが・・・
DSC03591.jpg   DSC03592.jpg

ハーリングと呼ばれるニシンの塩漬けがオランダで有名なのですが、
左の写真は、それをパンで挟んだものです。
パンと!? ちょっと違和感あるかな・・・
酢飯の方が合うのに~!!って感じでしたが、ま~美味しかったですよ!!
右の写真はタラを揚げたもの。これも、それなりに美味しかったです。

そして、またバスでアムステルダムへ戻り、シンゲルの花市へ
ここはお花だけでなく、沢山の苗なども売られています。
さすがオランダとあって、チューリップの球根の種類の多いこと!!
サボテンも多く見られ、こんなに花が咲いているのにはビックリでした!
DSC03656.jpg   DSC03657.jpg


ベルギーに行く時間も近くなり、ホテルに預けていた荷物を取りにいこうと向かっていたところ
ちょっとアヤシイ雰囲気の通りに入ってしまいました。
 
通りを歩いていると、窓越しに刺激的な下着をつけた化粧の濃い女性が立っているのです!

実は、アムステルダムでは「飾り窓地帯」と言った有名な風俗街があります。
ウインドー越しに女性が誘惑し,お気に入りの女性がいれば交渉して中に入るらしく
カーテンが閉まっていればお取り込み中とのことらしい。。。

私たちが行ってしまった通り沿いにも、カーテンがしまったアヤシゲな所が沢山!!

そこを通り過ぎた後、夫が「あっ! 忘れ物した!!」
と言い出し、冗談でその通りに引き返えそうとしていましたが・・・
とは言え、さすがの夫も、あのきっついオネエ様方を相手にする勇気はあるまい!!だー

そして、アムステルダムで最後に食べたものがコチラ!!
P1000979.jpg   DSC03667.jpg

オランダはクロケット、つまりコロッケも有名で、自販機でも売られています!
試しに食べてみました!  まっ、普通に美味しかったです!

そして夕方5時頃、列車(タリス)に乗り、ベルギーへと向かいました

長~い、オランダの旅行記となりましたが、次回はベルギー編で~す!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。