ケンブリッジでの生活
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エディンバラへ
2007年08月16日 (木) | 編集 |
スコットランドの首都「エディンバラ」へ1泊旅行に行ってきました。
我が家に一番近いスタンステッド空港からエディンバラまでは飛行機で約1時間15分ほど。

我が家には車がないため、結局この1年の間、イギリス内の近場旅行には全く行っておらず
どうせ飛行機を使うぐらいなら、他の国に行ってみた方が・・・となってしまい。。。

でも、せっかくイギリスに住んでいるのに、みんなが「いいよ~!!」という
エディンバラに行かないまま、帰国するのも、もったいない!!

と急遽、行く事に決定!!
いつもごとく格安航空チケットeasyJetを利用しましたが、予約したのが遅かったために
お値段の方はグ~ンと上がってしまってました  それでも日本から行く事を思えば


1日目

いつもごとく朝早い出発!!
そして、エディンバラの空港に着いたのが朝9時半ごろでした。
残念なことに雨も降っており、寒い 

それから、バスに乗り30分弱で市内に。。。
バスの中から見えてきました! 街を見下ろすように建っているエディンバラ城!
DSC04124.jpg


そして、バスを降りた後、早速行ってみました。
DSC04135.jpg

エディンバラ城は何度も戦いの舞台となり、そのたびに再建と増改築が繰り返されてきた
という歴史を持っているらしく、メルヘンチックなお城とは違い
ちょっと重~い感じのところでした。。。

外壁からは大砲が顔を出し、門も鉄の扉と鋭い剣みたいなものと2重になっています。
DSC04138.jpg  DSC04145.jpg  DSC04159.jpg

ここから、街を見下ろすことができました。
DSC04163.jpg


エディンバラへ行く事を決めた後に知ったのですが、ちょうど今の時期に
エディンバラでは国際フェスティバルが行われています。
50年以上の歴史があり、世界でも有名な芸術祭で、期間中は世界の一流アーティストによるオペラや演劇、コンサート、ダンスなどが催され、特に「ミリタリー・タトゥー」と呼ばれる
エディンバラ城前の広場で行われる音楽パフォーマンスは、とても人気があるらしいのです。
行く前に、インターネットでチケットを購入しようとしましたが、売り切れ!!
当日券が残っているかな?とタトゥー・オフィスという所に行ってみましたが、
そこでも、売り切れ!! (そう言われると、行ってみたかった~と思ってしまう
これは広場のところにあった大きな看板!! (イメージこんな感じのようです)
DSC04132.jpg


お城を見終わった後は、すぐ近くにある「スコッチウィスキー・ヘリテージセンター」へ
DSC04179.jpg

ここで、ツアーに参加しました。
まずは、ウィスキーグラスに入った1杯のスコッチウィスキーを1人ずつ渡され、
まずは、そのウィスキーの色を見、そして、次に光りにかざし・・・
などと、ウィスキーを味わう楽しみ方の秘訣を教えてくれます。
自分が飲んだウィスキーグラスは、親切に箱も配られ、お持ち帰り!!
その後、300年以上にわたるスコッチウィスキーの歴史やブレンドの秘密などの説明、タルの椅子にのって、タイムスリップするような、ちょっとしたアトラクションなようなものもありました。
また、館内にはスコットランド各地から集められた沢山のボトルが並べれており
もちろん、購入できます!!

そこを出た後は、エディンバラ観光のハイライトであるロイヤル・マイルを下り
聖ジャイルズ大聖堂へ  
DSC04212.jpg 
その後、ブラブラしてみましたが、やたらと目立つスコットランドの民族衣装ショップ!!
DSC04133.jpg

そう、あのなつかしの「キャンディ・キャンディ」でアンソニーが来ていた
タータンチェックのスカート!?
スコットランドでは、結婚式などや正式な場では、今でも着用しているようで
こういったお店が沢山あります。
もちろん、街の中で着ている人もチラホラと見かけ、こんな感じのおじさん
スカートをはき、ゴッついひざをだしてハイソックスを履いている様子は、ちょっと異様

この日は、雨も降っていたので、ホテル近くのイタリアンレストランに行き、早めに就寝
それにしても、寒くて寒くて
ホテルではヒーターを一番高い温度に設定し、やっと温もることができました。



2日目

ラッキーなことに、朝からイイお天気 
前日に比べると、かなり暖かく感じました。

まず向かった先は、ホテル近くのカールトン・ヒル!!
この丘はエディンバラの全景を眺めるにはうってつけの場所です。
ちょっと、急な坂を登り、見えてきました丘の頂上・・・
DSC04282.jpg

そして、丘の上にはいくつかのモニュメントが建てられています。
その中でも有名なナショナル・モニュメント!!
DSC04255.jpg

エディンバラは、北のアテネともいわれているらしく、これはアテネのパルテノン神殿を模して
建てられたらしいのですが、建設予算が途中で尽きてしまい中止!!
現在も未完成のままです!

そして、ここから見えるエディンバラの街はとても素晴らしかったです。
(さすが、世界遺産にも登録されている街
DSC04275.jpg


丘の上で座りこみ、暫く夫とボーっと過ごした後は、ホリルードハウス宮殿へ
DSC04292.jpg

この宮殿は英国王室の宮殿として現在も利用されているらしく、王室がスコットランドを
訪問する際には、ここに滞在しているらしい。
宮殿内は撮影禁止で写真をアップできませんが、豪華な装飾を見ることができました。
庭園の方も、とても綺麗でした
DSC04307.jpg


その後は、ロイヤル・マイルを通り、、それからニュータウンの方へ
DSC04326.jpg


エディンバラは、歴史的建造物が集まったオールドタウンと、18世紀以降に造られた
ニュータウンとがあります。
このコントラストが、素晴らしいとか・・・

ニュータウンから見えるオールドタウンの様子は、こんな感じです。。。
DSC04353.jpg


街中では、バグパイプを吹いている人もかなり見かけます。
ここでは、私が見た中で、一番のイケメンを!!
DSC04341.jpg


お昼はガイドブックにも登場する「マッスル・イン」という、その名の通りムール貝専門店へ! 
ムール貝だけではなく、カキやホタテもあったのですが、生ガキを食べる勇気はなく・・
結局、またしても、ポット一杯に入ったムール貝を注文!!
その他に、小さなホタテとムール貝のトマトソース。
そしてクラムチャウダーではなく、サーモンチャウダーは、とっても美味しかったです!
DSC04333.jpg   DSC04331.jpg

旅行のたびに食べているポット一杯に入ったムール貝。
日本では、まず、こんなに沢山のムール貝を食べることなんてないだろうと
食べ収めです!!niya

その後、飛行機までの時間があったので、またオールドタウンの方へ戻りブラブラ。。
それにしても、フェスティバルの期間中のせいか、すごい人!!
そして、パフォーマンスをしている人たちも、かなりいました。
バグパイプとは違ったイギリスっぽいものや、こんなパフォーマンスまで、さまざま!!
DSC04366.jpg   DSC04370.jpg

DSC04215.jpg   DSC04382.jpg


あ~、これで、旅行も最後かな・・・
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
すご~い
いい時期に行けたんですね~♪街がカーニバル~~♪♪
建物がすごく見応えありますね!!私も行ってみたいものです。。。

サーモンのチャウダーかあ~。いいねえ~マネして作ってみよ~~v-271
2007/08/17(金) 06:52:55 | URL | k-ta #-[ 編集]
to.k-ta
いろんなパフォーマンスやっててさ~、
中には、、ここ、本当に紳士の国イギリス!?と疑うものも・・・

サーモンのチャウダーは、本当に美味しかったのよね~
やれば、できるじゃんっ、イギリス人! と言いたくなる味だったよ!!


2007/08/17(金) 19:46:58 | URL | ELLE #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/19(金) 09:03:05 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。