ケンブリッジでの生活
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドンへ
2006年12月31日 (日) | 編集 |
昨日、ケンブリッジに来て以来、初めてロンドンに行ってきました
電車で約50分!! ロンドンの King's Cross駅に到着!

夏にこの駅に来た時は、重~いスーツケースとカバン、それにリュックを持ち、
これから始めるケンブリッジの生活は、いったいどんなものになるのだろう
なんて考えていたな・・・っと、ちょっと懐かしい空気が

それにしても、ケンブリッジに比べると、かなり都会

街のイルミネーションも華やかで、どこのお店も「Sale! Sale! Sale!」

だから、もちろん人もた~くさんです!
賑やかなせいか、暗くなるのもケンビリッジより少し遅いように感じ、
そして人が多いせいか、そんなに寒くも感じませんでした。
DSC01071.jpg


そして、この賑やかさに、妙に嬉しくなってしまった私!! (やはり都会向きかしら!?
最近寒くて 自転車でケンブリッジの街に買い物に行くのも、おっくうになっていたので・・・。

昨日のお昼は ロンドンの「菊」という日本食のレストランにいきました
お昼のスペシャルランチ(天ぷら・焼き鳥・お寿司・お味噌汁・デザート)という 
£15のランチを食べたのですが、ロンドンで食べる日本食にしては、お得感十分
DSC01067.jpg  DSC01068.jpg

 
それから、日本食スーパーに3件ほど行ってきました。
お米(NISHIKI)は、ケンブリッジのオリエンタルスーパーが一番安かったですが、
他のものは 店にもよりますが ロンドンの方が安いような・・・。
ワサビ68p、コンニャク39p、パン粉62pなどは 嬉しい値段で、
他にお正月ということでお餅ときな粉、ラーメンやおうどん、ポン酢なども買って帰りました


それにしても、ロンドンには親切な若い日本人女の子がいっぱいいるのかな~と
(会ったのは2人ですが

最初は地下鉄の券を買う時、夫と「片道買う?往復券?1日券にする?」などと話していたら
後ろに並んでいた日本人女の子に 「大丈夫ですか~?」と聞かれ・・・
次は、「さっきのお店、こっちだったっけ!?」などと行って 立ち止まって夫と言っていると
「道に迷ったんですか~?」と また他の日本人の女の子が・・・。
 
優しいのね~、ロンドンの若い女の子と思ってしまいましたが、
よっぽど私たちが ギトギトの日本人観光客に見えただけかな
スポンサーサイト
旅行 トイレ編 ・・・
2006年12月28日 (木) | 編集 |
今回の旅行の事について、だいだいの事は書いてきたのですが、
特別に悪印象で残っているのは、トイレ

もちろん日本よりキレイな所など何処にもありません。
ローマで行った日本食のレストランは、もちろんですが・・・。

特にイタリアのレストランなどで借りたトイレには便座がない所が多いのです。
中には便器の高さが、信じられないくらい低かったり・・・
(いったい、どうやって!?という感じ)

そして、公衆トイレは有料であったり・・・。

ヴェネツィアからリド島に行った時のことです。
夫がトイレに行きたくなり、バカリというイタリアの一杯飲み屋に入ったのです。
トイレに入ろうとしたら、ちょうど掃除中のようで。。。
すると、魔法使いのような怖い顔したオバサンがやてきて
「トイレを使うのなら10分待て!」というのです。
とりあえず待っていたのですが、掃除は終わった様子で他の人も使用している様子なので、
夫も入ろうとしたのです。他の人が出てきたにもかかわらず、まだ鍵がかかったまま!
で、夫がバーテンダーの人に尋ねたのですが、なんだか無視状態!!
ここでは、英語が通じないのだろうか・・・? それにしても無愛想で・・・。
で、もう1度言ってみると、「何か飲むのか?」と。。。
結局、お客ではない限り、使わせないんでしょうね。
夫は「トイレを借りた後、頼む」と言ったら、鍵を開けてくれましたが、
なかなか厳しいトイレ事情です!

それから、もう1つ、とても気になったのが、ホテルにある小さな便座
泊まった全てのホテルには、普通の便器の近くに、もう1つ
このような便器が付いていました。
20060618bidet1[1].jpg

この便器、フタがあるわけでもなく、便座もなし!
なんのため?と、旅行中ずっと気になって仕方ありませんでした。
 男性用 だけど水が溜められるようになっています。溜めるわけないし
 赤ちゃん用バスタブ だけどトイレットペーパーも置いてあります。
 洗濯用 小さなビニールが置いてある所もあったし、それに洗った物を入れるの?
   でも、それにしては小さなビニール・・・

家に帰って、パソコンで早速調べたところ。。。

どうも『ビデ』らしい・・・。 つまり、こっちのウォシュレット
ヨーロッパの方では、毎日お風呂に入るという習慣がないらしく、ここにお湯をため・・・。

それにしても、いろいろパソコンで見ていると、やはり多くの人が私と同じように、
この謎の便器を疑問に思ったようで・・・。

中には、「この便座、何だと思います!?」と書いて、
「実はイタリアなどでは沢山歩くので、足がとても疲れます。その疲れを癒すものです!!」と。(ちがう
この謎の便器にお湯を溜め、気持ちよさそうに足を入れて写真を載せている方もいました



旅行 (イタリア編 ?)
2006年12月27日 (水) | 編集 |
イタリア(ローマ)

 12/20
朝9時過ぎ頃、ローマのシャンピーノ空港に到着しました。

まず、ホテルにチェックインし、その後、地下鉄でスペイン広場に行きました。DSC00913.jpg

さすが、映画「ローマの休日」で有名になった場所!!
たくさんのローマっ子が階段に座っておりました。

その後、ホテルで教えてもらったピザの美味しいレストラン「PIZZA RE」でランチ
ここは、しっとりと厚く、周りがフワフワと膨らんだ生地のナポリ風ピザで有名なお店らしく、
普段は薄くてパリパリのピザを好む私にとって、どうかな・・・と思っていたのですが、
これが、本当にメチャ美味しくて 
20061226234412.jpg

モツァレッラとトマトも最高に美味しく
20061226234228.jpg

デザートのティラミスも20061226234424.jpg

ここは、本当に美味しくて、イタリアンフード最高!!と思えるお店でした!

それから、これまたお決まりトレヴィの泉でアン王女気取りDSC00932.jpg

ヴェネツィア広場DSC00933.jpg

そしてサンタ・マリア・イン・コスメディン教会の
真実の口(嘘つきは手が抜けなくなるという伝説)でお決まりの写真を撮り
チルコ・マッシモという古代ローマ時代の戦車競技場に行き、パラティーノの丘を眺めて
ホテルに戻りました。
その日は歩き過ぎて、もうヘトヘト・・・。


 12/21
まずは、お決まりコロッセオ!!
DSC00952.jpg


(確か、ここは以前来た時、一番ジプシーが現れるって言われたっけ

イタリアにはいろいろなスリの手口があるらしく(ガイドブックによると・・)
 アイスクリームなどを付けられ、気を取られているうちにスラレル
 画板のようなものを持って近づき「画板の上のものを買って」と言って注意を引き、
  その間に画板の下からスラレル
 初めにおとりのスリが来て、これを追い払ってホッとしている時に、
  人のよさそうな次のスリにスラレル
 「Do you speak English?] と声をかけられて立ち止まり、気付いた時にスリに囲まれる

などと書かれているのですが、コロッセオの前には「Do you speak English?」と聞いてくる
若者が沢山いたのです。 (もちろん、無視しましたよ!)
でも首にはIDのようなものをぶら下げ、身なりも普通だったし・・・
あれが全部スリだったら、本当に怖ろしい

その後は、コロッセオ近くにある古代ローマの政治・経済・文化の中心地だったという
フェロ・ロマーノを見て周りました。
DSC00985.jpg


そして、お昼は これまたホテルで教えてもらったレストランciroでランチ!
テラスで食べれ、雰囲気の良いレストランと聞いて行きました。
DSC01002.jpg

20061226234553.jpg

ここ、確かに値段の割りには美味しかったのですが、トイレはこの世のものではないぐらい
最悪 地下にあるのですが、ほとんど真っ暗に近く、汚く・・・

その後は、De La Palma というジェラードのお店でイタリアンジェラード
DSC01013.jpg

ここもホテルで教えてもらったのですが、種類がかなりあり、ローマっ子も次から次に・・・
私、ラムレーズンが好きで、あるか聞いてみたところ、コレだよ!と言われ、
でも黄色だし・・・??と思ったのですが、とりあえず頼んでみたら、チョコチップバナナでした。
いったい、私の言葉、どのように伝わったのだろう・

それから、サン・ピエトロ大聖堂(120年の歳月をかけて完成させたらしい・・・)
DSC01024.jpg


そして、その日は行ってしまいました日本食
ローマに来てまで、なぜ!?って感じですが、やはりピザやパスタにも飽きて・・・
ケンブリッジにある唯一の日本食レストランのお寿司は美味しくないし・・・。
 
「濱清 Hamasei」という浅草にもあるお店の支店でローマに出店して約30年らしい
20061226234715.jpg

これで 40ユーロ(約6千円)!!
ケンブリッジよりは断然美味しかったけど、
やはり福岡の「ひょうたん寿司」の美味しさと安さを思うと。。。
まっ、「ひょうたん」は回ってますが

 12/22
ホテルをチェックアウトし、今回の旅行最後の食事はガイドブックでも紹介され、
ホテルでもススメられたレストラン「Trattoria Abruzzese」
外観はあまり良くありませんが・・・
DSC01055.jpg

レストランの中はこんな感じ!
(イタリアの有名人もかなり来てるみたいで、写真が沢山張ってありました)
20061226234745.jpg

DSC01058.jpg

ローマといえば、このサルティンポッカ(仔牛のフィレ肉のソテー)が有名らしい
20061226234827.jpg

これは焼いてあるモツァレッラ!
DSC01061.jpg


美味しかったのですが、空港行きのバスの時間が迫っていて、ゆっくり味わう時間もなく
残念でした

そして、シャンピーノ空港へ
でも、飛行機は1時間半遅れ
大した免税店があるわけでもなく、座席も早いもん順なので、列から離れることもできず・・・
結局、ジベタに座り込むしか・・・。
飛行機が遅れたため、スタンステッド空港からの直通ケンブリッジ行きもなくなっており、
乗り継いで、ケンブリッッジに着いたのが夜11時
霧はすごいし、寒いし・・・。

でも、旅行から帰ってきたと言っても、イギリスにいるんですよね 
旅行 (イタリア編 ?)
2006年12月26日 (火) | 編集 |
イタリア(ヴェネツィア)

 12/17 
夕方6時頃、ヴェネツィアのトレビソ空港に到着しました。もう既に真っ暗!! 
空港は、めちゃくちゃ小さく、どこか田舎の駅に着いた雰囲気。
入国審査なんてものもなく、こんなんで大丈夫!?って感じ・・・
そこから、ヴェネツィア市街まで行くにはバスよりも電車の方が安くて速い
ということまでは調べていったのですが、どこに駅があるかもわからず、
結局、空港前に止まっていたRYANAIRと提携しているようなバスに乗りました。
ローマ広場に到着し、そこからはバスや車の乗り入れはできないので、
市街の移動は徒歩か水上の交通手段を使うしかありません。
私たちは水上バスでホテル近くの駅まで行こうとしたのですが、暗い上に人も多く・・・。
すると、とても親切なおじさんが、いろいろ教えてくれて、どうにか無事に。。
(あまりの親切さにアヤシイ!?と疑ってしまった私ですが
でも、その駅からホテルを探すのも、道が細く迷路のようで大変でした。。
(夜の到着はちょっとハード
ホテルにチェックイン後、Al Vaporetto という通りがかりのレストランで
食事をしたのですが、閉店間近だったようで、どんどん片付け始め・・・
値段はそれなりにしたのですが、食堂のようで料理は最悪でした。
こうやって、けしてイイとは言えないヴェネツィア初日を終えました
ホテルの方は4つ星だったので、部屋も対応も良かったのですが・・・
DSC00831.jpg


 12/18
2日目の朝、泊まっているホテルは水上タクシーで乗り付けることができる場所にあった事を知りました。(なんか、スゴイ!!)
DSC00829.jpg

この日は、あいにく朝から雨が降っていて、とても寒かった
DSC00834.jpg

まず行ったのは、ドゥカ-レ宮。
ここは、総督の住居、政庁、裁判所が置かれていた宮殿だったらしく、
世界最大と言われる油絵や柱の彫刻は、なかなかスゴかったです。
そこに隣接するため息の橋を通って牢獄の見学もしてきました。
(ちょっとゾーっとしましたが・・・)

お昼は「BIRRERIA BARBANRA」というお店でランチ。
ここは値段も親切で、ピザもプロセッコと呼ばれる発泡白ワインも美味しかったです!
DSC00837.jpg

この後、お天気の悪さとあまりの寒さに何処にも行く気がせず、
ピアノの生演奏が響き渡る、ちょっと感じのイイお店で一休み
すっかり冷えきっていた体も温まり、ケーキもとても美味しくDSC00847.jpg

やっと満足した私達だったのですが・・・

なっなんと、請求された値段にビックリ
コーヒー、カフェオーレ、ケーキ1皿で 5千円近く!!
しっかり、ピアノ演奏料まで入ってました。。。
ヴェネツィアの生演奏、要注意 です。

夜はお腹も空かず、Barでビールとサンドイッチ、エビが串にさしてあるものを買って、
ホテルで食べたのですが、このエビもとても良く似せた”エビかま”
も~!! ヴェネツィアのイメージがだんだん悪くなる~ 

 12/19
やっと晴れてくれました 
2泊で帰っていたら、ヴェネツィアは、かなり悪い印象のままだったに違いない!! 

この日はまず一番の見どころである サン・マルコ寺院!
内部はモザイク画で埋め尽くされており、かなり圧倒させられました。
それから、サン・マルコ広場にそびえる大鐘楼に登り、街並みを一望!
DSC00871.jpg

DSC00874.jpg


その後、ゴンドラに乗りました
2人で乗って、30分で80ユーロ(1万2千円以上)と言われ・・・。
私てきには、この出費かなり悩んだのですが、夫に「一生のうち、もう来ないかもしれない・・・
乗っておかないと絶対後悔するよ!!」と言われ。。
でも、本当に乗っておいて良かったと思いました。
また、違った角度からヴェネツィアの街を見ることができました。
DSC00885.jpg

DSC00887.jpg

DSC00897.jpg

DSC00899.jpg


最後は本島から水上バスで、リド島というヴェネツィア国際映画祭の開催地で知られる島に
行ったのですが、もう暗くなり始め、とても寒くなり、
白い浜辺が続くという場所も見ないまま本島に戻りました。

夜は「Ristorante alle Botteghe」というレストランに行き、ヴェネツィア名物の
手長エビのグリルを食べたのですが、身もあまりなく・・・(立派なのは値段だけ
DSC00905.jpg


 12/20
朝3時半起床で5時発の水上バスに乗って、ヴェネツィアとサヨナラしました。DSC00911.jpg



ヴェネツィア・・・
 車が通ってなく、どこにいても水を感じ、とても美しい所
 だけど、冬に訪れる場所ではないと。。。
 
旅行 (スペイン編)
2006年12月24日 (日) | 編集 |
一昨日、無事に旅行から帰ってきました!
長かったような あっという間に終わったような・・・

でも、14年前に行ったヨーロッパ旅行に比べると かなり充実した旅となり、
満喫!!という感じです。
その時の旅行は、フランス、イタリア、スペイン、イギリスを約1週間で周るという
よくあるギトギトのツアー旅行
ほとんどの食事は付いており、観光名所にバスで行き、そして再びバスで移動。
もちろん英語を使う必要など全くナシ!!
その名所がどこに位置しているかなども全く知らないまま・・・
特にイタリアに関しては、添乗員さんから「危険な場所ですから、皆さん離れないように!
ジプシーも現れますので、とにかく一緒に行動して下さい!」
などと言われ、日本人で固まってゾロゾロ動いただけ。
あの当時は、満足していた旅行だったんだけど・・・

やっぱり、大変だけど旅行は自分達で計画し、苦労しながら行った方が
絶対楽しい (まっ、これは夫から教えられたことだけど・・・)


スペイン(バルセロナ)
 
12/14  朝早く、まだ暗い中、家からタクシーでケンブリッジ駅に行き 
DSC00645.jpg

そこから、電車でスタンステッド空港に行きました。
かなり小さな空港と思っていたのですが、意外に大きく立派な空港!!
そこから、例のRYANAIRに乗り、出発。。
DSC00649.jpg


バルセロナのジローナ空港に約2時間で到着しました。
DSC00650.jpg

ん~、やっぱりイギリスとは空が違う!!

そこから、バスに乗り、約1時間半かけてバルセロナへ。
そして、まずはホテルにチェックイン!!
「世界で最も美しい通り」と称されるらしいランブラス通り(そこまでは・・・
の近くのホテルを探したのですが、3つ星以上の手頃な所は何処も満室で
結局、2つ星で妥協したのですが、その割には良かったPrincipal HotelDSC00652.jpg

それから、ランブラス通りをブラブラして ポルト・ベイまで。
マイケルを真似して踊っている人もいたり・・・
DSC00655.jpg

DSC00665.jpg

そして、EL CHIPIRON MONCHOS というレストランで久々のシーフードDSC00666.jpg

DSC00667.jpg

恋しかったよ~、シーフード達

12/15 まずは ピカソ美術館へ行きました。DSC00678.jpg

ピカソといえば、ちょっとヘンテコ!?な絵ってイメージだけど、
彼の10代の頃の作品は本当に素晴らしい作品で、そんなスゴイ基礎があったからこそ、
クズしたものを描くことができたらしい・・・
(日本のガイドさんが言っているのを盗み聞き

その後「El mos」 というパンやケーキが美味しいというお店でランチ!
DSC00679.jpg

しかし、ここ英語が通じず、最初はどうしようかと・・・。
結局、英語がわかる人が対応してくれましたが・・・。

その後、カタルーニャ音楽堂やグエル公園へ行き
DSC00698.jpg

DSC00706.jpg


お決まりのサグラダ・ファミリアへ
DSC00712.jpg


夜は「MIKEL ETXEA」というタパスのお店へ。
次から次にお客さんが入ってくる人気のお店のようでしたが、回転の速いこと!!
みんな、タパスを何皿か頼み、ビールを飲んで すぐに帰っていくのです。
私たちといえば、タパスを沢山注文した上、生ハムも・・・
で、最後には、そこでパエリアまで頼み。。
(でも、この生ハムとパエリアは本当に美味しかった!!)
DSC00750.jpg

DSC00752.jpg


12/16 モンジュイックの丘へ
モンジュイック城から市街とベイエリアを一望でき、そしてサクラダ・ファミリアも・・・。  DSC00775.jpg

その後、スペイン1週旅行が味わえるというスペイン村に行ったのですが、
ちょっと寂れた所で、失敗!!という感じ。
それから、カタルーニャ美術館に行ったのですが、こちらは、すごく良かった!!
(外観もかなり立派!)   
DSC00797.jpg

夜は「Les Quinze Nity」という地元の人たちから安くて美味しいと評判のレストランへ。
ここは予約ができず、30分ぐらい行列をしなければいけないと言われている所で、
実際、私たちも30分前に行ったのですが、既に行列が・・・。
その後も沢山の人が並び、その間にパフォーマンスをする人も現れたり。。
DSC00811.jpg

DSC00816.jpg

料理の方は、値段のわりには かなり美味しかったです!
エビエキスたっぷりのクレープ包み
DSC00817.jpg

チキンのチーズソース
DSC00819.jpg

イカ墨のパエリア
DSC00820.jpg

デザートも美味しかったです!DSC00822.jpg


12/17 バルセロナとサヨナラしました・・・
DSC00824.jpg



ところで、今日はクリスマス・イブ
こちらのスーパーでは、たくさんの丸ごとターキーが売られていました。
丸焼きなんて、日本でやったことなかったけど、やはり挑戦してみようと思い・・・。
でも、ターキーは夫と2人で食べるには大き過ぎるものしかなかったので
ちょっと小ぶりの丸ごとチキンを買ってみました。
スタッフィングもお米や玉ねぎ、人参、マシュルーム、サヤインゲンを
炒めて、自分なり(てきとう)に作り、
DSC01064.jpg

出来上がりました!! 初めての丸ごとチキンDSC01065.jpg

待ち時間はかなり長かったけど、なかなかイケました!!
旅行!!
2006年12月14日 (木) | 編集 |
いよいよ、明日から旅行
まず、スペインのバルセロナへ・・・
その後、イタリアのヴェネチア、そしてローマへ。。。
8泊の旅をして、22日に帰ってきま~す


突然、牛!!
2006年12月12日 (火) | 編集 |
今日、いつものように 住んでいるフラットから最初に通るサイクルロードを通っていると、
普段は何もなく空がとても近く感じられる草原に
DSC00329.jpg

なっなんと、たくさんの牛 17頭もいるでは
DSC00625.jpg

いったい、彼らは、どこから現れたのだろう・・・
突然の牛軍団に思わず夫と笑ってしまいました
帰りは、すでに暗かったので、はっきりはわかりませんが、もういなかったみたい・・・。

今日は、最近マーケットのそばにオープンしたCornish pastyのお店に入ってみました。
夫はチキン&ベジタブル、私はマシュルーム&チーズを・・・。
DSC00628.jpg

こちらでは、結構どこでも見られるもので、特別美味しい物というわけではないですが
私が頼んだのは出来立てだったので、なかなかアツアツ、トロトロで
それにしても気に入ったのは店内
2階で食べれるのですが、内装がとても可愛く、
窓からはマーケットのイルミネーションも見えました。
DSC00633.jpg

DSC00631.jpg

DSC00636.jpg


実は、今日は私たちの結婚記念日 
早いもので、まる7年経ちました!
もともとスピード結婚だった私たち(お見合いではありませんが・・・)
お互いの転勤で席が目の前になったのが8月、最初のデートが12月、
で、夫が私の親に挨拶に来たのが2月・・・  (ちょっとバラし過ぎ!?)
で、お互い結婚後に知ることが多すぎて、最初の1年ぐらいは、お互いの冗談が理解できず(特に私!!)、本当によく喧嘩をしたものでした。
でも、結局は似たもの同士!! 
今じゃ、主語、述語がない会話で、何でも理解といったような・・・
夫は噛めば噛むほど味が出るという感じで。。 いつも笑いをもらってます!
そして、夫のおかげでケンブリッジの生活はもちろんの事、たくさんの貴重な経験を
させてもらっています。
こんな気持ちで、今年も無事に結婚記念日を迎えられて良かった
とはいえ、私たちの今後の生活は、まだ何も決まってないのですが
結婚記念日はだいたい何処かに食事に行っているのですが、美味しいお食事は、
3日後に控えた旅行で思いっきり楽しむ予定なので、今日はジミ~にお家でカレー
そういえば、始めの頃は会社帰りの夫と待ち合わせをし、
夫はお花を抱えていた事もあったな~ なつかしい・・・ 
冬休み~
2006年12月10日 (日) | 編集 |
久しぶりにブログを書いているような・・・。

街はすっかりクリスマスの雰囲気になりました
DSC00606.jpg

DSC00607.jpg


金曜に夫の学校で X'masパーティーが行われ一緒に参加して来ました。
学校の中にはツリーも飾られ、生演奏もあり、イイ感じになっておりました。
DSC00615.jpg
 
DSC00622.jpg
 
DSC00618.jpg


これで、夫もやっと冬休みです! (宿題が大変そうですが・・・)

最近は、なんか気分的にパーっとせず、お菓子を作ったといっても 
このアーモンドクリームとクルミのタルトぐらいかな・・・ 
DSC00611.jpg


で、外で食事といえば イタリアンのファーストフードみたいな所・・・
DSC00603.jpg

DSC00605.jpg

ここで注文したのはパニーニ2人前とキャロットスープとコーヒー。
しかし、それだけで3千円以上 高い!!
味の方も最悪!!
パニーニは、ケンブリッジの駅で食べたものの方が、まだマシ!
キャロットスープはありえない味で、コーヒーもお湯
これは、本場イタリアのレストランで満喫しなければ!!

今週の木曜から、いよいよスペインとイタリアへ旅行
う~ん、楽しみ!!
今日は1日パソコンに向かって、どこのレストランに行くか探してました。
すごく疲れたけど、楽しみのためだし 



最近、ちょっと悲観的!?
2006年12月02日 (土) | 編集 |
最近、ブログに書くことといえば、なんかパッとせず、
これではイケナイと思っているのですが・・・
でも、この事はとりあえず書いておこう。。。

それは、昨日買ったタケノコのこと・・・。
こちらには沢山の種類の野菜缶詰が売られています。
私が日本で買っていたものといえば、ツナ缶、トマト缶ぐらいだったので、
日本にも沢山種類があったのかもしれませんが・・・。
で、気になっていたのがタケノコと栗の缶詰!!
ゴボウやレンコン、里芋などの和の野菜が 私がいつも行っている
こちらのスーパーでは手にはいらないので、ちょっと魅力的!!
値段も高くないので、買ってみました!! 
タケノコの缶詰(これはオリエンタル店で買いましたが・・・)DSC00602.jpg

で、手始めに、かる~くタケノコのカツオ節煮に・・・。
がしかし、異様なニオイが
でも、味はイイはずに決まっている!!
ん~、味もイマイチ!!
夫も帰ってくるなり、「何か変なニオイがする!」と。。。
「タケノコ炊いてみたからかな・・・」と言うと、
夫も「久しぶりに嗅ぐニオイだからかな・・・」と。。。
それにしても、味も
結局、ほとんど食べず・・・。
でも、このニオイ、本当に最悪で、家中に充満し。(本当に最悪でした)
今日は1日、寒い中、窓を開け、換気扇も回しっぱなしにしていたのですが
それでも、まだ。。。
もともと、臭覚にはちょっと自信のある私(私は!?)
タマリマセン
とは言っても、加齢臭を つい最近までカレー臭と思っていたぐらいの私ですが・・。
以前、夫がカレーを食べた後に「俺、カレー臭い!!」と言ったので、
「それって、まさに年とってカレー臭になったって感じね!」って
言ったら。夫が「まさか、加齢臭ってカレー臭って本当に思ってた」と言われ。。。
確かにカレイ臭って、年取ったら臭くなるって事は知っていました。
でも、そのニオイって、カレーの臭いに似てるのかな・・・と

まー、そんな話はさておき、このタケノコの缶詰、要注意です!!

ちょっと、楽しくない情報ばかり・・・
で、ちょっとヒットだった事も最後に!!
この前、TESCOから宅配してもらった時に注文したデザート
DSC00589.jpg

ケンブリッジに住む他の方のブログで、絶賛されていたので注文してみました。
種類はチョコバニラチーズケーキとレモンチーズケーキ、そしてチョコスフレ!
チョコバニラチーズケーキはちょっと他の2種類よりカロリーが高めだったので、
それ以外を!!
どちらも、なかなかヒット
ただ、このチョコスフレの方、「冷蔵庫から出し、1時間常温でおいて、
それから、オーブンへ」と書かれています!
1個目は、きちんと守り、メチャ美味しく頂いたのですが、
2個目はちょっとチンすれば同じよね~と思い・・・
しかし、これが失敗!!  中から出てくるトロトロのチョコが一体化していまい。。
やっぱり焦らずに食べるのが美味しさの秘訣です!
このデザート、確か12月5日までは、通常より安いはず!!
甘いもの好きな方、オススメです
もろすぎる・・・・
2006年12月01日 (金) | 編集 |
先日、我が家のキッチンの電球を交換しようとした時、なかなかカバーが外れず、
こんなことに  なんと天井までも・・・
P1000183.jpg

もろい!!もろすぎる!!
こりゃ、高く請求がくるかも!?とちょっと、心配してしまいました。
で、昨日、ここに入居した時にお世話をしてくれたJさんに電話をしたのですが、何度かけてもつかまらす、Accommodation ServiceのOfficeに行っても誰もいなし、結局、いつも家賃の請求がくる所に電話して、そこから、どうにか担当の方までたどりつき・・・。
で、夕方になって、やっと修理担当の人が来てくれたのですが、
この様子を見たとたん、「何をしてて、こんな事になったの?」と
聞かれ、「電球を換えるためにカバーを外そうとしたら・・・」と言ったら、
「引っ張ったんだろう!!」と言われ。「いや、回した!」と言ったのですが、
「いや、これは絶対、引っ張ったんだろ!!」と・・・。
「ちがう!ちがう!!」と否定したが、彼はまったく聞く耳もたず・・・。
ん~、くやしい!! 私の英語力じゃ、これ以上言い返すことはできず・・
彼はブツブツ文句みたいな事(たぶん?)を言いながら、ヒビがたくさん入っている天井に、
また釘を3本打って、照明を取り付けました。
で、こんな感じに・・・
DSC00592.jpg

ボロボロ落ちていた天井に、そのまま。 大丈夫なのだろうか
どうせならと思い、壁に付いている照明のカバーのことも言いました。
この照明、ガラスのカバーに2本のネジを引っ掛けた感じで取り付けてあるだけ!DSC00594.jpg

どこまで、締め付けたらいいかわからないような感じで、締め付けすぎたら、ガラスが割れてしまうような・・・。で、この前、すでにガラスが欠けているのを発見!! 危険なので、ガラスのカバーは外していたのですが、この事もついでに言ってみました。
(なんか、これについても疑われた目で見られたような・・
「これは、明日!」と言って、そのカバーを持ち帰って行きました。
今日、買い物から帰ると、新しいカバーが取り付けてありました。
が、カバーが包んであったと思われるゴミはそのままホッタラかし。。。
勝手に家に入られ、ゴミもそのままで、ちょっとムッときましたが、
今日、またイヤミっぽい事を言われたりするよりはマシだったかな・・・。
修理代を請求されなかっただけでもヨシとするかな・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。