ケンブリッジでの生活
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判所!!
2007年02月27日 (火) | 編集 |
今日は、課外活動で裁判所に行ってきました。
もちろん日本では行った経験などありません。

イギリスの裁判所は、誰でも傍聴しに行くことができるようです。

DSC01329.jpg

外観はこんな感じで、中もまだ新しい感じでした。

まず、入り口で空港のようなセキュリティーチェックを受けます。
そして、本日行われていた公判は3件。
それぞれの部屋の前に小さなスクリーンがあり、情報が出ているので
自分が傍聴したい部屋に入るのです。(まるで映画館のよう・・・)
傍聴席に座り、しばらくすると裁判官が入場、そして皆、起立!!
12名の陪審員もいて、なんか、まるで映画の世界!!

私が傍聴した公判は、その被告人のお方、何やら暴力を振るうクセをお持ちのようで・・・
結婚はしていないようなのですが女性(パートナー)の方と一緒に住んでいて、
ある日、友達同士で集まっていた際に、その当時者と女性が口論になったとか・・・
それを、その当事者のお友達が止めに入り、その方に殴るや髪を引っ張る等の行為を・・・
弁護士に引っ切り無しに質問されていたのですが、正当防衛だったとか・・・
途中の休憩時間に「まだまだ時間がかかるし、きっとらちが明かないままよ・・・」と
いうことで、1時間ぐらい傍聴して帰ったので、その後の展開はわからないまま。

それにしても、何に驚いたかって、裁判官や弁護士のカツラ
まるで、美術館に飾られている昔のヨーロッパの人々のような、
まるで、モーツァルトのような髪型のカツラを付けていて・・・
(写真は撮れないので、イメージだけ!)
Wolfgang-amadeus-mozart_1[1].jpg


それに白い大きなリボンと、そして黒のガウンを着用!!
最初、喜劇でも始まるかと・・・
そんな姿でマジメな裁判をやっているので、なんか笑いが出てきました。

終わった後に、先生に「なんで、カツラかぶるの?」って聞いたら
「ん~、そうね~、それは何でイギリス人が紅茶をよく飲むの?って
感じの質問と同じ答えね~」って・・・

ふ~ん、なるほど~・・・

って、そんなんで理解できませ~ん
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。