ケンブリッジでの生活
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備~ケンブリッジ生活1週間
2006年08月16日 (水) | 編集 |
出発準備に追われ、ブログの更新もかなりご無沙汰したまま、ケンブリッジに着いてしまいました。昨日、やっと家のインターネットも開通し、これからは ちゃんと続けていきたいなと思っています。

いつの事から書こうかなという感じですが、やはり、まずは出発日のハプニング!!
*8/6(日)福岡国際空港10時発 上海経由でヒースロー空港へ
私たちはイギリスへの引越しを船便のみにし、7/13に荷物を出したので、その後の必要な荷物は、すべて自分たちで持ってくる予定でした。
荷物は、夫と私それぞれスーツケース2個、リュック、それとパソコンなどのための手荷物用カバンという大荷物で、空港に行きました。
で、スーツケース4個を預けようとしたところ、計95kg、追加料金31万と言われたのです。確かに旅行の本などで「預ける荷物の重さには制限があり、それを超過するとかなりの追加料金が発生するので、注意するように!」などと書かれたのを目にしたことはありましたが、まさか本当にココまでの料金を・・とは
しかし、スーツケースには必要なものばかりをギュウギュウに詰め込んでおり、あの場ですぐに必要でないものを選びだして、荷物を減らすなんてこことは考えられず、いつもは夫よりも倹約家である私が「払おう!」と言ってしまいました。しかし、夫は「ありえん!減らそう!」と。
確かに、あとで考えれば、引越し代よりも多く払ってまで、持ってくる必要があるものは、あまりなかったし・・・。まして、30万なら、私が日本とイギリスをもう一往復できる金額でもあるし・・・
夫の判断は正しかった!!と思っております。

しかし、それにしても見送りにわざわざ熊本から来てくれた夫のボーイフレンド!?(大親友)とその奥様Yちゃん、そして家族全員で来てくれた親友のHちゃんファミリー、そして家族たちには申し訳なかったなと・・・。バタバタで、別れを惜しむ間などなく、みんな笑いながら、私たちの奮闘ぶりをサクの向こうから眺めていました。でも、あまり長い時間別れを惜しむと寂しくなるから、かえってヨカッタということで・・・

という感じで、やっと無事に飛行機に乗り、上海乗換えも何事もなく、あとは安心してヒースローへ、となるはずだったのですが、またしてもハプニング!! 機内でお財布を見たら、これからの生活で一番多く使うつもりだった私のクレジットカードが紛失しているでは・・
それも、いつ、どこで無くしたかの記憶は、まったくナシ!
 (過去に一度もカードを無くしたことなんてないのに・・)
確かにカードを止めれば済む話なのですが、もしかしたら、誰かに使われていたら? などと考えると、もう不安で不安で・・・
せっかくのイギリスへ旅立つ楽しいフライトのはずが
もう、踏んだり蹴ったり
今のところ、誰かに使われた記録はないようですが、9月の請求までは安心できないらしい

で、ついに始まったイギリス生活の方といえば、とても涼しく、私にとっては寒く感じることもしばしば。船便で羽布団などを送ったために、我が家はその荷物が届くまで、掛け布団なしで我慢しております。で、寝る時は既に暖房を入れてる生活です。待ち遠しい荷物は、布団と厚手の洋服ぐらいで、日本から送られてくる28個のダンボールには、いったい何をいれたやら・・。既に1週間以上、ケンブリッジのお家で生活していますが、結構、生活できてるし、そんな荷物の置き場なんて・・・という感じです!イギリスは物価が高いから、できる限り日本から持ってきた方がイイって耳にしましたが、最小限で、現地調達の方が楽しいし、結果的によかったような・・・ まして、空港での30万なんて問題外だわ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。